一重まぶたと二重まぶたの印象の違い|素敵な世界へようこそ

婦人

二重の種類と与える印象

鏡を見る人

一般的にまぶたの形状には一重と二重があります。一重まぶたか二重まぶたかというのは、ほぼ先天的にきまります。そのため、生まれる前から一重か二重かはすでに決まっているものなのです。この一重か二重かの違いを気にしてしまう人はやはり多いです。というのも、二重まぶたというのは世間的にみると、美しい顔立ちの人に多い傾向がありますし、実際に美人と呼ばれている芸能人やモデルさんを見てみると二重まぶたであることが多いです。しかし、先ほど冒頭でご紹介させていただいた通り、まぶたの形状は生まれつきなため、一重で生まれてきた場合は自然に二重になるということはほぼありません。稀に赤ちゃんの頃に一重だと思っていても、顔の肉付きで分からなかっただけで、成長する過程で実は二重だったということもあります。ですが、これは成長する前の赤ちゃんや、思春期のように体に大きな変化がみられる時に発生するものであって、成人にこういった変化が表れることはまず無いという風に考えておいた方が良いでしょう。

では一重の人が二重まぶたを望んでも、その望みが叶わないのか、というとそうではありません。最近では美容外科の技術がかなり発達しており、どのようなまぶたでも望み通りの形状に整形することが可能なのです。ですがやはり整形というと、初めて受ける人の場合、不安や恐怖が先立ってしまい決断になかなか踏み込めないという人もいるかもしれません。そういった人の場合、アイプチという化粧品でまぶたの上の皮膚と、まぶたを専用の接着液で固定し二重を作り出す方法があります。ですがこの場合、汗をかいたり、お風呂に入ったりすることで簡単に剥がれてしまうため、その都度アイプチを塗りなおす必要性があります。そういった点をふまえたうえで多少の不安を抱えながらも、まぶたの整形手術を決断する女性は多いのです。持続性だけでなく見た目にも良い二重まぶたを手に入れたいのであれば、思い切って二重まぶたの整形手術を専門のクリニックで受けてみてみると良いでしょう。

まぶたの整形手術を決意し、美容外科クリニックを訪れた際に多くの人がまず驚くのが二重の種類です。一般的にまぶたは一重と二重の2カテゴリーでしか考えてない人が多いのですが、そうではありません。実際に二重にはいくつかの種類があります。この種類を把握していないと、自分がどのような形のまぶたにしたいのかを担当のドクターにスムーズに説明することが出来ないでしょう。そのため大まかでも良いので、二重まぶたの種類とその印象の違い等をしっかりと把握しておくことがポイントになります。

最初に紹介するのが末広型というまぶたです。末広型は日本人の顔の形に最もマッチするタイプだといわれています。末広型の二重はスッキリとした印象を与えることができるため、自然な美しさを求めるのであれば、こちらのタイプを選択しておくと無難かもしれません。次に、一見すると一重と間違われてしまいがちなのが奥二重タイプです。奥二重は実際には二重ですが、まぶたの皮膚の脂肪が厚いなどの理由から、二重に見えづらいのが特徴です。この奥二重は人によって与える印象が大きく変わりますし、メイクの仕方によってはクールな印象を与えることが出来ます。そして、二重の中でもくっきりとしていて大人っぽい印象を与えるのが、二重の幅が並行かつ狭いタイプのまぶたです。落ち着いた印象が好みの場合は、こちらを選択しておくといいでしょう。そしてこの幅が並行な二重には幅広いタイプの二重も存在します。こちらのタイプは、現在の女性の間で最も流行している二重になります。こちらは幅が並行かつ広いのが特徴で、華やかで明るく、美しい印象を与えることが可能です。このように二重と言っても、様々な種類があり、その印象も違います。二重整形手術を受ける際には、自分に最適なタイプを選択し、望み通りの顔の雰囲気を手に入れましょう。