一重まぶたと二重まぶたの印象の違い|素敵な世界へようこそ

婦人

1週間後のケアが大事

微笑む女の人

二重まぶたの整形術で、多くの人に利用されている埋没法ではメスを使用しません。そのため体に傷がつかないため、その他の二重まぶた整形術に比べると術後の腫れ症状や内出血などの症状は比較的軽くなるのが特徴です。しかし症状が軽いと言っても、手術であることに変わりはないため、人によって異なりますが軽い腫れや内出血が起こることもあります。一般的な状態であれば、数日で腫れや内出血などのピークは治まり、1か月前後でお望みの二重のラインが定着するでしょう。では早速、まぶた整形手術で気を付けておきたい具体的なポイントを見ていきましょう。まず手術中はなるべく目に力を入れず、施術箇所に刺激を与えないというのがポイントになります。二重にしたい皮膚に力が入ると、ラインの定着具合や仕上がりが変化してしまうおそれがあります。また余計な刺激は腫れや内出血等の症状が治まりにくくなるため、できるだけ体をリラックスさせた状態にしておくことが大切です。こちらでは手術を受けてから1週間後のケア方法をご紹介していきます。

手術後1週間目をむかえるころには、術後の症状がだんだんと快方にむかっていきます。そのため、このタイミングで職場や学校に復帰するという人も多いかもしれません。ここで多くの人がやってしまいがちなのが、まぶたに化粧をしてしまうということです。人前に出るため当然腫れたまぶたを隠したいと思うでしょう。ですが、この時期はその他の部分のメイクは大丈夫ですが、できるだけ目元部分への化粧は我慢しておいたほうが無難です。化粧を控えた方が良いのには、次のような理由があります。まず化粧品には様々な成分が含まれているというのは、皆さんもご存知でしょう。その成分の中には腫れ症状を悪化させてしまうものもあります。そして、メイク用品には様々な雑菌が付着しています。この雑菌こそ最も避けたいものになります。雑菌による腫れ症状の悪化は手術の仕上がりも大きく変えてしまいますし、なにより感染症を引き起こしてしまう可能性も十分に考えられるのです。また化粧を施した後の洗顔フォームやクレンジングも手術箇所に大きなダメージとなってしまうので、優しく丁寧に行なうことを心掛けましょう。